仕事内容や特徴を知り資格の本質を理解する

治療

鍼灸師の仕事はリハビリや代替医療に分類されており、人間にあるツボを刺激する事で自然治癒能力を高めて治療する専門職です。鍼灸師と言う資格はなく、はり師ときゅう師の2つに分かれています。はり師ときゅう師それぞれの治療を受けられる治療院がほとんどなので、鍼灸師とまとめて呼ばれる様になり、それが一般に広がっています。使用する用具のはりときゅうですがはりは鍼と書き、針とは全く見た目も性能も異なります。治療で用いられる鍼は注射針よりも細く、先端は丸みを帯びており突き刺した様な痛みはありません。刺すのではなく、ツボに刺激を与える目的の用具です。きゅうは灸と書き、もぐさと呼ばれる薬草を用いた温熱療法です。ツボに置き火をつけるのですが、火傷する程の熱ではありません。東洋医学を基本としており、人間が備えている自然治癒力を高める事が特徴です。当然人間の身体の構造を理解しておく事が必要であり、専門の学校に通う必要があります。また国家資格なので、専門の学校に通わなければ国家試験を受ける事ができません。

必須の養成機関入学前に調べておく事

鍼と本

鍼灸師になる為には定められた学校に通い、卒業できないとなれません。また卒業できても国家試験に受からなければ国家資格である鍼灸師になれません。その学校は専門学校か、鍼灸学科のある3年または4年制大学に限られます。東洋医学は近年注目される様になった事も背景にあり、医療のみならず福祉分野でもニーズが高まっています。就職しやすい専門職であり、養成機関も年々増加しています。カリキュラムも基本的に定められており、医療職なので学歴による給与差もありません。専門学校卒業でも大学卒業でも鍼灸師に違いはありませんが、定められたカリキュラム以外で各校独自のカリキュラムを実施しています。目指す資格は一緒なのでより目指しやすい環境である事が重要であり、まず行う事は資料請求や見学会に参加して学校を知る事になります。見学会への参加は、実際に体験したり在校生の声等も聴けたりするので貴重な情報収集方法です。参加希望を出す場合はネット予約もでき、場所によっては申し込みなしで参加する事もできます。実施している期間はそれぞれで異なるので、ホームページで確認すると良いでしょう。当然受験する事になるので、試験科目やOA入試の有無も確認しておく必要があります。希望する養成機関が決まると受験申込を行います。資料請求した際や見学会に参加した際にもらえる資料に願書も同封されています。必要事項を記載し送るだけで、この願書に関しては一般的な大学等と変わりはありません。